知っておきたいフランチャイズ

フランチャイズを簡単に言うと、ある企業と自分の店をやりたい人とが契約を交わし、のれん(ブランド名等)を分けることで新しい店が生まれることです。

日本では主に、飲食業界やコンビニ業界がこの手法を取っています。

これだけは知っておきたいオーエスの正しい情報はこちらです。

企業側と店をやりたい人側のそれぞれのメリットを説明すると、企業は比較的低コストで店を増やすことができるということです。


青森の漢方に関しての関心度が高まっています。

さらに、出店した店の売り上げの一部を受け取ったり、フランチャイズ契約でブランド名を貸すことで受け取ることのできる「ノベルティ」と呼ばれる手数料を安定的に手に入れることができます。
一方、店をやりたい人のメリットとは、開店するときにすでに知名度のあるブランドが手に入るということです。


独自性の高い長野の漢方の新しい情報です。

新しく店を出店するとき苦労することは、知名度がないためブランドの浸透に力を入れる必要があるため経営用語でいう「ブランディング戦略」にコストをかけなければいけないことです。

ノベルティという形で本社に手数料を払わなければいけませんが、その分世間から知られているブランドを掲げて商売が始められるということは大きな効果を生みます。
また、商品の仕入れに関しても普通に出店するのとフランチャイズで出店するのとでは大きく異なります。

目的に応じて福島の漢方に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

普通に出店する場合には自分で仕入れ先を決める必要がありますが、フランチャイズの場合は本社の仕入れルートから商品を仕入れることができ、さらに価格は安価なので仕入れコスト的に見ても受けられる恩恵は大きなものです。

本当に役に立つHIDEAWAYS情報を、皆様へ配信するサイトです。

以上、企業側、店をやりたい側それぞれのwin-winの関係を成り立たせるものがフランチャイズという仕組みといえます。

https://www.facebook.com/eigyokyoiku
http://www.sanwa.co.jp/product/yosi/businesscard/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1361911818